ディスプレイ テクノロジーで、
8K+5G EcosystemAIoT Worldの実現を目指す

高精細・低消費電力・耐環境性能・高速駆動テクノロジーで、AIoT社会で進化する医療・教育・インフラ・自動運転等の社会課題を解決する

代表取締役 会長 桶谷 大亥

代表取締役 社長 王 建 二

シャープディスプレイテクノロジー株式会社は、シャープ株式会社より分社化し、2020年10月1日に、新会社として事業を開始いたしました。
これまで当社は、シャープ株式会社の中で、ディスプレイデバイスカンパニーとして、スマートフォン、パーソナル/タブレットPC、PCモニター、大型テレビ、サイネージ、自動車、アミューズメント機器など、幅広い製品分野に向けて、IGZOを始めとする先進の技術により特長ディスプレイを開発し、お客様にご採用をいただくことで、社会に貢献してまいりました。

2020年の初め以降、新型コロナウイルス感染症がグローバルに拡大し、予想もつかないほど環境変化が起きています。新型コロナの対策が急がれますが、足元では、社会全体でもニューノーマルと呼ばれる変化が進みつつあります。その変化の中で、今、テレビやゲーム機器、生活家電、自動車、店舗までもがネットでつながることで、家庭における楽しみ方や暮らし方も変わり、新しい価値が生み出されようとしています。
さらに、オフィスと自宅、企業と個人などがネットでつながることで、テレワークや、オンライン教育、オンライン医療、Eコマース/オンライン決済など、ITネットワークを活用した生活スタイル/ビジネススタイルが定着しつつあります。
また今後は、ネットワークインフラの整備が進むことで、自動運転、遠隔制御など、社会全体のネットワーク活用が一段と進むと予測されます。

正に今、新しい時代を迎えようとしており、その中で、製品、システム、サービス/ソリューションがさらに進化しようとする入口に立っています。
当社は、高精細・低消費電力・耐環境性能・高速駆動テクノロジーなど、新しい進化にとって不可欠なディスプレイテクノロジーの開発を強化し、革新的なデバイスを創出することで、シャープ株式会社の成長のコアとなる3つのブランド事業の優位性を支え、「8K+5G Ecosystem」「AIoT World」の実現を目指してまいります。また同時に、その事業活動により、国内・海外の多くのお客様に先進の価値をご提案、ご提供することで、社会に/未来に/地球環境に貢献する企業を目指してまいります。

この方針の下、グローバルに拡がる事業環境の中で、社会への貢献、新たな飛躍を目指して事業活動に全力を挙げて取り組んでまいりますので、今後とも、変わらぬご厚情を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。